金融ブラックとは、自己破産・債務超過・無職等の理由からクレジットカードやキャッシングが出来ない状態のことを言います。 そんなブラックの方でも、クレジットカードやキャッシングの審査を通す方法があります。 普通に申し込めば、ブラックの方は99.9%の確率で審査に落ちます。 ごく希に、審査の間違いやミスによって審査に通る場合がありますが。 しかし、ブラックの方を80%以上の確率で審査に通す方法をご紹介します。


【クレジットカードの審査の実態】
クレジットカードの審査は、カード会社が一旦立て替えたお金をちゃんと回収できるかどうかの審査です。
つまり、その方からお金をちゃんと払ってもらえるかどうかの信用度を審査するということです。

①本人の氏名、住所、電話番号、生年月日等に間違いや嘘がないか
②本人がお金を支払える収入があるか
③過去に支払いを踏み倒した経歴がないか

基本的にはこの3段階です。
しかし、その審査内容はそれほど厳しいかというと、それほど厳しいものではないのです。
何故なら、②の収入では勤務先に電話して在籍しているかどうかの確認を取るだけで、給料の額も確認しないのですから。
結局、本人の自己申告での給与の額で審査されているのです。
③の過去の事故履歴についてですが、原則は調べなければならないことになっています。
しかし、カード会社は毎月のノルマがあるので、全員が全員を調べてられないというのが実際のところなのです。

※結局、申し込むカード会社と審査の通し方で、カードの審査を通過する確率は飛躍的にUPするのです。


カードを通すには、カード会社の弱点を知る必要があります。
カード会社が、どうやって儲けているのか。
カード会社が、カードの審査を通す人と、落とす人の差は何か。
この2つを知ると、自然とカードを通す方法が見えてきます。


①Aさんがカードで1万円分のガソリンを入れました。
②ガソリンスタンドは、カード会社に1万円の請求をします。
③カード会社は、ガソリンスタンドに9,000円~9,900円の支払いをします。
④カード会社は、Aさんから1万円を回収します。

Aさんがカード会社に支払う金額は1万円。ガソリンスタンドがカード会社からもらう金額は9,000円~9,900円。
この差額がカード会社の儲けなのです。
その割合は、使われた金額の約1%~10%(業種によって変わります)。
普通、カードで毎月何十万も使う人は少ないですよね。
ほとんどの人は、カードで使う金額は月数万円です。
仮に5万円としましょう。
1人の客当たりのカード会社の儲けは、
5万円/月×1%~10%=500~5,000円となります。
これに、使った金額に応じてポイントを客にプレゼントするわけですから、カード会社は客1人からは非常に少ない儲けしかありません。


先ほども説明したとおり、一人当たり非常に少ない利益しかない薄利多売の商売であるカード会社は、代金の回収が出来ないと、大きな痛手となります。
だから、ちゃんと回収できる人だけを審査に通したいというのは、誰でも分かることでしょう。
しかし、会社全体としては回収できる人だけにカードを持ってほしいのですが、現場はそうではないのです。
カード会社って、ものすごくたくさんありますよね。
たくさんのカード会社が、自分の会社のカードを持ってもらうために必死になっています。
もちろん、広告費もとてつもない金額を費やして、自社のカードを売り込んでいます。
その理由は、何故だと思いますか?
答えは、自分の客が他のカード会社の客になって、自社のカードを使ってくれなくなると、売上が落ち込みます。
だから、カード会社は客の取り合いをしている状態なのです。
そうなると、会社は現場にノルマを課してきます。
「今月の新規カード発行人数は○○人」といった具合にです。
そうなると、カード会社はたくさんのカード申し込みをしてくれる企業や組織に依存することになるのです。


カード会社は、ノルマを達成するために、提携企業や提携組織を必死になって探します。
一人一人の個人を攻めるより、団体の企業や組織を攻めた方が効率的だからです。
そうなると、たくさんのカード申し込みを実行させれる団体の力が非常に強くなってきます。
つまり、「カード会社<団体」という力関係になってくるのです。
これは、インターネット上でも同様です。
たくさんのカード申し込みを実行しているサイトは、カード会社に非常に強い影響力を持っています。
そして、団体は1枚のカードが発行される度に、手数料をカード会社からもらいます。
だから、申し込みはすべて通してほしいというのが、団体側の本音です。
カード会社は、団体が自社と縁を切って、別のカード会社と組まれると困るので、審査を通す確率を上げていきます。
だから、普通に申し込んでも通らない人が、カードの審査に通ることになるのです。
つまり、団体の力を使う事で、カードの審査を通してしまうということです。


当サイトは、非常に強い影響力があります。
正直なところ、当サイトの申込数が超大手企業と同レベルの申込数があるかと聞かれれば、そんなにあるはずがありません。
それなら、そういった超大手企業から申し込んだ方が有利なのでは?と考えることでしょう。
それが、当サイトの裏ワザがあるのです。
当サイトは、ある米国の代理店コードを間借りしています。
つまり、米国の代理店での申込数との合計数で当サイトの影響力が評価されます。
この数は、日本国内のカード会社代理店の中では、トップクラスになります。
その上、米国企業は非常にドライですから、利益の為にどこまでも貪欲に要求します。
だから、申し込みから審査OKまでの確率を上げろ上げろと常に要求しています。
これが、当サイトが金融ブラックの人でもカード審査を通過できるという理由です。



カード会社によって、集客に対する必死さが違います。
これは、現場に課しているノルマが軽い会社と、めちゃくちゃ厳しいノルマを課している会社の違いです。
当サイトでご紹介しているカード会社は、ノルマがめちゃくちゃ厳しい会社です。
だから、現場は必至です。
その上、米国の大手代理店のご機嫌も伺う必要がある。
こういった、最高の状況であるカード会社を幾つかご紹介しますので、下記よりお申し込みください。

※複数のカードの申し込みは、一気にやった方が審査を通過する確率が上がります。
例えば3/1に①のカードに申し込みをして審査通過。
3/5に②のカードに申し込みをした。
すると、②の申し込みの際にごく最近に①のカードを申し込んだことが分かってしまいます。
カード申し込みをして、期間をおかずに別のカードの申し込みをすると、キャッシングをして踏み倒すつもりなのではないだろうかと疑われる可能性が高くなります。
しかし、3/1に①と②のカード申し込みを同時にすると、①の会社も②の会社も別のカード会社に申し込みがあったことが分かっていない状態で審査をするので、疑われる可能性がありません。




①オススメNo.1(ブラックの方の審査通過実績82%以上)



②オススメNo.2(ブラックの方の審査通過実績68%以上)



③オススメNo.3(ブラックの方の審査通過実績64%以上)


④オススメNo.4(ブラックの方の審査通過実績57%以上)


⑤代理店ボリューム向上にご協力をお願いします。
弊社の申込ボリューム向上にご協力ください。


①~⑤の全てにお申し込み頂くと、そのうち90%以上の方が、いずれかのクレジットカード審査を通過しています。




①オススメNo.1(ブラックの方の審査通過実績89%以上)



②オススメNo.2(ブラックの方の審査通過実績73%以上)



③オススメNo.3(ブラックの方の審査通過実績61%以上)



④オススメNo.4(ブラックの方の審査通過実績48%以上)



⑤オススメNo.5(ブラックの方の審査通過実績42%以上)



⑥代理店ボリューム向上にご協力をお願いします。
弊社の申込ボリューム向上にご協力ください。


①~⑥の全てにお申し込み頂くと、そのうち90%以上の方が、いずれかのキャッシング審査を通過しています。